群馬のヨガ教室・出張ヨガ 楽々フィットネス萩原組

https://www.mizue-f.com/
前橋市のカルチャー教室『楽々フィットネス萩原組』 お手軽なヨガ、ピラティス、エアロビクス、ボクササイズで楽しく汗を流しませんか? まずは体験レッスンでお試し頂けます♪

2018年08月アーカイブ

あぐらをかけるようになりたい

8月24日

ヨガのクラスで「あぐらをかけるようになりたい」と言われることが時々あります。

ちなみに、あぐらは
正しくはバドマ・アーサナ、蓮華座、結跏趺坐と言います。

ではなぜあぐらが組めないのか?
ほとんどの人は「股関節が硬いから」と言います。
言わなくても思ってますよね?

確かに股関節の硬さは関係していますが、
股関節だけが悪者ではありません。

足首の稼働性、膝の稼働性、殿筋の柔軟性がとても重要なんです!
大腿四頭筋や大腿広筋(太ももの前とヨコ)の柔軟性も!


これらをコツコツ積み上げていくことでバドマ・アーサナに近づいていきます。

あぐらが組めるようになると膝や足首の柔軟性がさらにアップします。

膝が床からかなり離れてしまう場合は、ブランケットを丸めてお尻の下に敷くなど、座面を高くすると膝を痛めるリスクがなくなります。

尾畠さんはカルマ・ヨーガの人!

8月15日

山口県で2歳児が行方不明になり、懸命の捜索でも発見されず、あきらめの色が濃くなった3日め、ボランティアの尾畠春夫さんによって無事に発見されました。
現地の警察が発見できなかったのに、初めて現地に行った民間のボランティアが、たった30分で発見した様子は、テレビ各局のニュースやワイドショーで放映されました。

dims.jpg

尾畠さんは65歳からボランティア活動を始め、東日本大震災、 熊本地震を始め各地の災害の現場でボランティアをしてきたそうです。
移動の軽自動車の走行距離はなんと190km超!
寝袋や食料、水などを軽自動車に積んで現場に入り、寝泊りも車の中だそうです。

尾畠さんに発見された2歳児の家族が尾畠さんにお風呂を勧めましたが彼は辞退、
雨が降っているからと差し出された傘も受け取らず

行っていることは社会への恩返しであり
お礼は一切受け取らないそうです。
ボランティアにかかる費用はご自身の年金でまかなっているとか。


マザーテレサやガンジーは知っています。  が・・・・
現在の日本に、こんな人が存在するなんて!

尾畠さんはヨーガの人!
まさにカルマ・ヨーガの人!
神様に近い人!


とても嬉しくなったのはもちろんですが

自らを省みて、自分に出来ることは何か、もっとできることはないか、
今後のこと、

などを深く考えさせられました。