群馬のヨガ教室・出張ヨガ 楽々フィットネス萩原組

https://www.mizue-f.com/
前橋市のカルチャー教室『楽々フィットネス萩原組』 お手軽なヨガ、ピラティス、エアロビクス、ボクササイズで楽しく汗を流しませんか? まずは体験レッスンでお試し頂けます♪

オーム(OM)(AUM)とマントラ

9月9日

マントラは古代インドのベーダ聖典中の賛歌であり、5000年以上もの歴史のある言葉です。
日本では真言と言われます。
マントラは仏教にも大きな影響を与え、お経にはマントラが入っています。
弘法大師=空海は真言を念じることで心を統一する真言宗を確立しました。
空海はヨギーだったのです!

私の実家は真言宗!
法事や施餓鬼でお経を聞く機会が結構あるのですが
真言宗のお経はマントラのようであったり、チャンティングのようにメロディが付いているような感じのお経もあります。
立ったりウトゥカターアーサナのように膝の屈伸のような動きをしながらお経を唱えたりもします!
すごくヨガっぽい動きです。

マントラの語源はサンスクリット語のマン=考える  トラ=解放する の2つの言葉をつなげたものです。
ネガティヴな思考パターンから身を守ること、と思えばいいですね。

OM.jpg


マントラの中で1番短いのがオーム(OM)(AUM)です。
日本では(AUM)からア、ウ、ンになりました。
古代インドの思想では、人間の意識の在り方を、覚醒、夢眠、熟眠、第4の意識に分けます。
AUM アウンはその意識状態を表していて
アは覚醒(起きている状態) ウは夢眠(夢を見ている状態) ンは熟眠(深く眠っている状態)
とされます。
過去・現在・未来を表すとも言われています。

ヨーガ(ヨガ)のクラスでは、はじまりと終わりに参加者全員でオームを三唱するのが一般的です。
私のクラスでははじまりのマントラ=サハナヴァヴァトゥを唱えています。
サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質が増加することが近年明らかになったそうですよ!

オーム(OM)(AUM)を唱えることによって身体と心を深く結び、ヨガの効果を最大限発揮することができるようになります。
深い瞑想とリラックス効果を得ることができます。