群馬のヨガ教室・出張ヨガ 楽々フィットネス萩原組

https://www.mizue-f.com/
前橋市のカルチャー教室『楽々フィットネス萩原組』 お手軽なヨガ、ピラティス、エアロビクス、ボクササイズで楽しく汗を流しませんか? まずは体験レッスンでお試し頂けます♪

お尻と腿裏を鍛えよう!

4月24日

今月は殿筋(大殿筋、中殿筋)とハムストリングスにアプローチしたレッスンを行っています。
お尻と腿裏の筋肉です。

スクワットやラウンジなどの筋トレはもちろん、
ヨガのスタンディングのアーサナのヴィラバドラーサナ 1,2などでも
大腿四頭筋(太腿前側)でポーズをとっている人ばかり。
殿筋やハムストリングスが使われていないのです。

概ね、太ももの筋肉は後ろ(ハムストリングス)より前(大腿四頭筋)の筋力が強いのですが
筋力のアンバランスが大きいと、膝関節が引っ張られ、故障をきたします。
膝痛の原因はアラインメントの悪さが1番ですが
筋力のアンバランスも大きな要因となります。

さらに殿筋とハムストリングスの弱さ(と硬さ)は腰痛のリスク要因にもなります。

筋力トレーニングにおいては、殿筋とハムにフォーカスしたやり方のコツがありますが
特にハムストリングスは日頃から意識をしていないと
筋トレにおいても使えない人が少なくありません。

日頃から意識するとは
歩くときも四頭筋で歩くのではなくハムで歩くように意識するのです。

ドスンドスン、と地面を踏み込むような歩き方をしている人をよく見ます。
大腿四頭筋優位な使い方をして歩いているのです。
1歩ずつブレーキをかけるような歩き方です。

殿筋とハムストリングスがしっかり使えるようになると
膝痛や腰痛などが改善し、姿勢も良くなり、
ランニングでは走りが早くなります!